[ 敷完成 ] 2020/01/17

敷(底板)が完成しました。板を3枚繋ぎ合わせ12メートルの板を8枚繋いで敷の完成です。


今年は「つなぎ舟」を作るため、舳先・艫に2つに裁断です。
始めての作業に緊張しましたが、矢澤棟梁はあっさり、速やかに裁断しました。


舟の「反り」をつける為、重しを置いてさあ「板直し」を待つばかり。
*板直しは家の新築時の棟上げ式と同じで、船の無事完成を祈る儀式。


 

 


COPYRIGHT 2018 『天竜川 和船文化保存会』 ALL RIGHTS RESERVED.